コラム

ドリームキラー ③


ネガティブが全て悪いわけではありません。
しかし、それはあくまでも「自分の中で」のこと。
自分以外の人に、自分視点のネガティブを押しつけるのは自分勝手な行為だなと思うのです。

相手に変わって欲しくない、という欲望

口では「応援してる♡」と言いながら、陰では「どうせ叶うわけないじゃん。バカでしょ。」と周りに言いふらす。
そんな人、いますよね。

これ、典型的な「ドリームキラー」。

おそらく心の奥底に、

① 自分が【常に】優位でいたい
② 相手が夢を叶えたら、自分は切り捨てられるという【不安】
③ 自分の【劣等感】を刺激したくない

というのが、あるのではないでしょうか。

相手の夢が叶うということは、【変化する】ということ。
状況が変化したり、状況が変われば心境も変わることがあります

そうなったら、
自分は置いていかれるかもしれない。
捨てられるかもしれない。


そうなる前に、周りにそんな馬鹿げた夢を見ているヤツだって言いふらしてやろう。置いていくお前が悪いんだ。
悪口だって、「誰」と特定できなきゃいいだろう。
目の前にいるときは、そんな夢のこと全部否定してやる。
お前なんかに夢を叶えさせるものか!!!

恐怖や不安を「怨念」に変えて、アノ手コノ手で相手が変化することを阻止してきます。

そんなことをしたって、相手が変化していくことを止めることはできないのにね。

むしろ、そんなことをしてしまったら、相手との距離は広がる一方。
自分を「ないがしろにしている」と思ってしまうのか、自分の手のひらに乗せておかないと気が済まないのか。

いずれにしても、相手の自由を奪い支配したいというのが、一番の理由なのかもしれません。



関連記事

  1. コラム

    夢を語る、ということ

    夢を語るラジオ・Dream Canvas ナビゲーターのまこぱんだで…

  2. コラム

    ドリームキラー ②

    ドリームキラーにも、種類があるようで・・・否定的なことを言われた時に…

  3. コラム

    ドリームキラー ①

    「ドリームキラー」とは、あなたの夢を阻む人のこと。あなたを心配してド…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP